お知らせ

ねんりんピック富山2018の炬火『里の火』を採火しました!

県内の海・川・里・山を象徴する行事・祭りで行われる採火の第3弾!

平成30年9月10日(月)射水市櫛田神社の秋季例祭において、

ねんりんピック富山2018の炬火『里の火』を採火しました。

 

千数百年もの歴史をもつ「櫛田神社」。

夫婦円満、縁結び、家庭和合の宮として広く崇められ、

万葉歌人の大伴家持や戦国武将もたびたび参詣したそうです。

初詣とともに最も境内が賑わうのが、この9月の秋季例祭。

獅子を先頭に、白装束に烏帽子姿の氏子に守られた神輿が里を巡ります。

 

夕刻、御巡幸がお宮に到着すると、参道の杉葉に浄火がつけられました。

目の前が一気に明るくなったかと思うと、炎が立ち登り、肌で熱を感じます・・・。

燃え上がった炎に圧倒されているのも束の間、その燃え立つ炎の中を、

獅子が勢いよく駆け抜け、続いて御神輿が駆け抜けていきました!

 

勇壮な火渡りを目の当たりにしたものの、変わらず燃え続けている炎を見ると

「本当にこの炎の中を駆け抜けていったの!?」と思わず自分の目を疑ってしまいます。

 

神様の通り道となり、勇壮な火渡りを見せてくれた「浄火」から、ランタンに『里の火』が灯されました。

皆さん、ご協力ありがとうございました!