お知らせ

ねんりんピック富山2018の炬火『海の火』を採火しました!

県内の海・川・里・山を象徴する行事・祭りで行われる採火の第2弾!

平成30年8月3日(金)たてもん祭りにおいて、ねんりんピック富山2018の炬火『海の火』を採火しました。

 

大漁と航海の安全を祈る富山県魚津市の伝統行事「たてもん祭り」は、平成28年12月1日にユネスコ無形文化遺産に登録された「山・鉾(ほこ)・屋台行事」の一つ。高さ約16mもある大柱に、90余りの提灯を三角形につるし下げ、長さ10m、総重量約5トンもある、そり台に立てて、法被姿の若者によって曳き回されます。

 

夕方の美しく静かな海から一転して、夜になると笛や太鼓のお囃子、若者のかけ声が海上に響き、何百という美しい提灯のあかりが夜空を彩る様子は、まさに魚津の夏の風物詩!曳き回しのあまりの豪快さに、引き手はもちろん、見ているこちらも思わず手に汗を握り、会場全体が一体となって熱狂の渦に包まれていました。

 

そんな魚津の熱い夜を彩ったたてもんの提灯から、魚津たてもん保存会会長代行の手によって、ランタンに『海の火』が灯されました。皆さん、ご協力ありがとうございました!